ダイレクト型の自動車保険のデメリット

自分で内容を調べて自分で申し込みをする

自動車保険には必ず入らないといけない自賠責と個々の判断で入る任意保険があります。自賠責は特に保険内容を知る必要はなくどの会社でも保険料が同じなので比較の必要はありません。しかし任意保険は各社で保険内容や保険料が異なるのでしっかり比較する必要があります。保険料が安いとして人気が高いダイレクト型保険ですが、デメリットとしては自分で内容を調べないといけない点が挙げられるでしょう。保険の担当者と直接対面して加入するときは、希望を伝えるとそれに応じた商品を提案してもらえます。でもダイレクト型だと加入のための担当者はいなくて、ネットや資料を利用して自分で見積もりをしなければならず面倒に感じるかもしれません。ただ電話やネットを通じて相談できる保険会社もあります。

いざ保険が必要になったときに大丈夫か不安

自動車保険は万が一のために入るものなので、できれば保険を使う機会が無い方がいいのでしょう。しかしその万が一が起きるときもあり、その時に保険を使えば経済的な問題や法的な手続きをスムーズに行えます。自動車に乗ればそれなりにリスクがあるので自賠責だけでなく任意保険にも入った方がいいでしょうが、安いとされるダイレクト型はいざ使うときに不安を持つ人もいるようです。事故が起きた時にきちんと対応してくれるのか、相手との交渉を行ってくれるのかが不安なので一般的な自動車保険を利用する人もいます。実際のところは事故対応などは一般的な保険会社と同様に行ってくれます。深夜などでも対応してくれる会社もあり、レッカーなどのロードサービスも受けられます。

© Copyright Sales Car Insurance. All Rights Reserved.