最後はいくつかの自動車保険を比較して選定する

ダイレクト型と代理店型の自動車保険の違いは?

現在任意保険である自動車保険は、損害保険会社が販売しています。以前は代理店での契約が主でしたが、最近では通販によるダイレクト型での契約も増えてきているんですよ。では、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。代理店で契約する場合は担当者と直接話ができるため、細かな情報を聞き多くの商品の中から担当者が適切な保険を提案してくれます。

中には条件などが複雑すぎて、自分で選ぶのはちょっと不安という方もいるでしょう。そのような時は代理店での契約がおすすめですが、ある程度保険のことがわかっていて、可能な限り保険料を抑えたいという方にはダイレクト型が向いています。代理店型と違い、ダイレクト型は店舗を持たないため、店舗にかかる費用や人件費をすることで保険料が安くなっているんです。

ダイレクト型保険の契約って難しいの?

ダイレクト型には、国内だけでなく外資系の損害保険も多くなっています。これにより自動車の車種や運転手の年齢など、リスクを細かく分類して保険設計ができるようになりました。リスクが細分化されれば、それだけユーザーに適した商品を提供することができるんです。ダイレクト型保険の契約は難しいのではと思われる方もいるかもしれませんが、自動車保険に関する対応はすべてサイト上かコールセンターにて行われるので意外と簡単なんですよ。

保険の見積もりから契約、事故対応に至るまでサイトか電話ですみますし、相談だけでも店舗へ行かずにすむのはうれしいですよね。ダイレクト型自動車保険は、公式サイト上で簡単に見積もりができます。それぞれ商品や保険料が異なるので、必ず複数の会社で見積もりを取って、ご自身に合った保険を見つけてください。

© Copyright Sales Car Insurance. All Rights Reserved.