代理店型とダイレクト型のメリット・デメリットを把握して検討する

メリットとデメリットはどちらにもある

自動車保険を選ぶときに、代理店型とダイレクト型どちらが良いのかというのがたびたび話題になりますが、両方とも良し悪しはあるので、どちらがいいのかというのは利用者によっても異なります。代理店型は対人での案内になりますから、保険料は高くてもじっくりと顔を突き合わせて相談をしながら保険の契約をしたい方に向いています。ダイレクト型は直接保険会社にWEBや電話を介して申し込みをするので保険料が安くなりますが、自分で申し込み前に補償内容を吟味して理解しておく必要があります。自分がどちらのタイプなのかを良く考え、必要な補償を無駄なく選び取りましょう。問い合わせにはどの方式でもきちんと応えてくれますので、その点は安心して良いでしょう。

目的を考えて選ぶのもポイント

自動車保険選びもどちらかというと、保険会社選びをすると言っても良いぐらいです。細かな補償は各会社によっても異なりますが、事故対応に関してはどの会社を選んだ場合でも遜色ないように、しっかりと対応してくれるようになってきています。一括見積もりなども気軽に試せる時代なので、見積もりだけ先に取ってみて考えるのも手です。とにかく自分で手続きが出来るからコストダウンを優先するならダイレクト型の方がいいと言えますし、あまり難しい話は得意ではないと専門家に任せたいと思うのであれば代理店を通すようなイメージです。長い目で見れば保険料も積み重なるとかなり差が出てきますので、後悔の無いように必要な自動車保険を選びましょう。

© Copyright Sales Car Insurance. All Rights Reserved.