代理店型の自動車保険のデメリットについても知っておく

色々な手数料が保険料に上乗せされる可能性

自動車保険は損害保険会社が商品を開発して販売しています。商品を開発するだけで勝手に売れてくれれば販売コストはかかりませんがそう簡単には売れないでしょう。営業担当者や代理店などが販売をしたり広告を出してようやく保険が売れていきます。代理店型の保険は販売コストがかかるので、それを回収すべく顧客から受ける保険料に一定の上乗せが必要になります。デメリットは保険料の中に会社運営のためのコストが手数料として上乗せされている可能性がある点でしょう。ただしそれぞれの保険会社がどれくらい上乗せしているかは分からないので、どの保険会社が割高でどこが割安かはわかりません。利用者は保険料に見合うサービスを提供してくれる保険会社を選ばなくてはいけません。

一度加入するとずるずる自動継続してしまう

自動車保険は自動車を保有するときに加入するので、最初は自動車を購入するときに加入します。ディーラーと呼ばれる販売店は保険の代理店も兼ねていて、提携している保険会社の自動車保険を薦めてくるでしょう。もちろん加入の判断は自由に行えますが、自動車の価格に比べると安い保険料なのでつい代理店で加入してしまう人が多いです。さらにデメリットとしてあるのはずるずる翌年以降も自動継続してしまう点があるでしょう。代理店から入る人は自分で保険を調べたりするのが面倒と考える人が多く、同じ補償がもっと安く受けられるとしてもそのまま入り続ける傾向があります。一度ダイレクト型保険を自分で選んで違いが認識できれば、より自分に合った保険を選べるようになるでしょう。

© Copyright Sales Car Insurance. All Rights Reserved.